『生活科学研究誌』2015, Vol. 14,29-44頁

「1917-1936 年のソビエトの家族政策と反宗教活動 

―女性解放とプロパガンダポスターについての分析―」

 本研究の目的はソビエト期の1917-1936年の家族政策に焦点を当てることで、反宗教活動を背景として策定された法律や布告の特徴を考察することである。そのうえで、ビジュアルイメージを通して社会意識をどのように変革する試みがあったのかを明らかにしつつ分析することである。
 革命後の家族政策は家父長制に基づいた社会秩序の変革に重要な役割を果たしていた。家族をめぐる法律を分析した結果、政策のアクターであるソビエト政府の目的に、女性の文化的・経済的な社会位置を向上する試みがあった。一方で政府はまた, 女性を解放させる法律と布告を発布することで,教会の勢力を弱めようとした。
 そしてソビエト政府には、女性の解放を目指すと同時に労働階級の男女の自由と平等といった新しい共産主義の価値観を社会意に導入し確定する意図があっ。その意図は,ビジュアル社会学の方法を用い、当時のポスターの分析を行うことで確認できた。


Mircha Anton 1917-1936 年のソビエトの家族政策と反宗教活動.pdf (1465158)

修士課程の論文

『ロシアにおける家族政策の歴史的展開と課題』

 

 本論文はジェンダー(男女の社会・文化関係)の視点に立ち,家族をめぐる問題とそれらを解決するために実行されている政策の展開について考察する。殊に,社会において著しい変化が起こった時は家族形態やあり様に影響が与えられるが,本論文ではその激動する社会としてソ連時代からロシア時代へと移行するロシア社会に注目した。
 第1章はソ連時代の家族政策がいかなるものだったのか、についてまとめた。国から家族に対する態度は家父長・温情主義と評価されたが、その特徴は「働いている母親のジェンダー契約」であり、女性の「二重負担」を前提としたものだったことが分かった。
 第2章は1990年から2006年までの期間である。多くの取り組みが未完成のものであり、謳われた「パートナシップ」関係が実現できなかったことが明らかになっている。
 第3章は2006年から2013年までの期間の家族政策についてである。2006年から啓発上でも金銭的支援上でも積極的な取り組みを実行するが、現代の家族形態が多様化したことや「母親のキャピタル」などの一時的な金銭的支援だけで家族のニーズに既に応えられないことは踏まえなかったため、成果は大きくなかったことが明確になった。
 第4章は『2025年までロシア連邦の国家的な家族政策のコンセプト(公式のプロジェクト)』を中心に、2014年から実行する政策を分析し評価した。
 最後に日本のワークライフバランスの取り組みに焦点を当て、ロシア家族政策の課題について考察した。少子高齢化問題にかかわっている育児・介護に男性の参加を支持する取り組みや子供を預ける問題の解決の取り組みは、ただひとつ政府だけでなく、他のアクターも相互に協力しつつ積極的に取り組むことは非常に必要と提案している。

以下のリンクをクリックしたら、英語と日本語の要旨をダウンロードできます。

1.日本語   Mircha_abstract_masterdgr_japanese2014.pdf (122096)

2.英語(English abstract)Mircha_abstract_masterdgr_english2014.pdf (107065)

EDUCATION AND THE GENDER RELATIONS TRANSFORMATION IN THE CONDITIONS OF CULTURAL GLOBALIZATION IN JAPAN

Mircha, A.V. Education and the gender relations transformations in the conditions of cultural globalization in Japan. 

Philosophy of Education, 2010 year, number 1, Pages: 153-161

Summary

In the article the author studies the role of educational institutions of Japan in bringing into life the politics of transformation of the gender relations in the conditions of cultural globalization. The author points out the high significance of educational institutions in the process of adopting new values in a "strong" culture (like the Japanese one), because they are generating social subjects who accept these new values.

Keywords: gender relations, cultural globalization, dualism of "soto/uchi", transformation of traditional values, educational and political institutions

English paper

2014年09月19日 11:44

THE ROLE OF THE INSTITUTE OF EDUCATION IN TRANSFORMING GENDER RELATIONS UNDER THE CONDITIONS OF CULTURAL GLOBALIZATION IN JAPAN

Philosophy of education, special issue №3 2010  O.V. Zinevich, A.V. Mircha "THE ROLE OF THE INSTITUTE OF EDUCATION IN TRANSFORMING GENDER RELATIONS UNDER THE CONDITIONS OF CULTURAL GLOBALIZATION IN JAPAN"   You can download the paper as a file here  145-155 pp....
続きを読む

**************

 

<<出版した論文(2008-2010年)>>
 

1.    Мирча А. В. Образование и гендерная трансформация в условиях культурной глобализации Японии // Философия образования. – Новосибирск : Изд-во СО РАН, 2010, № 1 (30). С. 153–161.
2.    Мирча А. В. Распространение гендерного дискурса в условиях культурной глобализации Японии // Вестник НГУ. Серия: Философия. 2010. Т. 8, вып. 4. – С. 101–105.
3.    Мирча А. В. Японский язык в гендерном измерении: изменение стилей речи в условиях социокультурных трансформаций // Философия образования. – Новосибирск : Изд-во СО РАН, 2010. – № 3 (32). – С. 289–294.
4.    Mircha A., Zinevich O. The role of the institute of educational in transforming gender relations under the conditions of cultural globalization in Japan // Philosophy of Education – special issue – Publishing House, KREACE, Ltd., N 3, 2010. Р. 145–155. [Роль института образования в трансформации гендерных отношений Японии в условиях культурной глобализации]
5.     Мирча А. В. Гендерные исследования как инструмент достижения гендерного равенства в японском обществе // Социально-философские и экономические аспекты развития современного общества : Материалы Межд. науч.-практ. конф. (14 апреля 2008 г.). В 2 ч. – Ч. 1. /отв. ред. Л. А. Тягунова. – Саратов, 2008. – С. 287–291.
6.    Мирча А. В. Развитие гендерных исследований в японском обществе // Материалы XLVI Межд. науч. студенч. конф. «Студент и научно-технический прогресс»: Востоковедение / НГУ. – Новосибирск, 2008.  – С. 106–108.
7.    Мирча А. В. Роль философского анализа в изучении гендерных отношений // Наука. Технологии. Инновации : материалы Всерос. науч. конф. молодых ученых в 7 ч.  – Новосибирск : Изд-во НГТУ, 2008. Ч. 7. – С. 190–191.